経営管理システムPronado
ホーム > Pronadeとは

Pronadeとは

生産性・進捗率をリアルタイムに可視化。先手先手の経営戦略をお手伝いいたします。
EVMによる出来高管理

WBSのみでプロジェクトのコストを管理するのは困難ですが、WBSとEVM(Earned Value Management)の手法を用いることで、コスト・スケジュール両面の進捗状況を統一的な尺度で把握することができます。
また、ある時点での計画とのズレの大きさから、完成までの総時間・総コストを予測することもできます。
グラフ化機能で,計画と比べた作業の遅れやコストの超過などを視覚的に把握できます。

工事進行基準による売上計上方式

2009年4月より日本のソフトウェア開発にも工事進行基準が原則適用されることになりました。
これによりプロジェクトの迅速な進捗の把握やリアルタイムに損益の状態をモニタリングする仕組みが必要となってきました。
プロネードならこれらのニーズに完全に対応できます。
また、進捗率・生産性の可視化により、赤字が予想されるプロジェクトも手遅れになる前に手を打つことができます。
また、多くのIT企業では、工事進行基準の導入により現場への作業負荷も高くなっているのが現状ですが、プロネードでは、毎日の入力も簡単で現場の負荷も減らすことができます。

勤怠システムとの連動

勤怠システムとの連動により、日々の勤怠(日報)入力で労務原価の集計ができます。
面倒な集計作業の手間が省けて便利です。
またこれにより個人・プロジェクトの生産性も自動的に集計されます。

個人、グループ評価

プロネードにより個人の生産性が明確となり、根拠に基づいた評価ができるようになります。
また、個人別の進捗率や生産性がリアルタイムに見えることで、個人のやる気にもつながります。
評価する側にとっても判断に迷うことが減り、負荷が軽減されます。
その他、グループの評価にも使用できます

いつでもどこでも経営がみえる(モバイルにも対応)

個人・プロジェクトの進捗率や売上、利益をいつでもでどこでもリアルタイムに見ることができます。
そのためどこにいても状況把握ができ、早い処置が可能となります。
出張中など現場を離れていても、安心です。

案件管理から利益管理までトータルに経営が見える

プロネードは、5つの機能で個人・プロジェクト・会社全体の生産性を管理することができます。
経営者にとっては、プロネード一本で経営が見えます。

案件管理 進捗管理 生産性管理 売上管理 利益管理 営業管理
プロジェクト監視機能

プロジェクトの状態に変化があった場合に、登録したアドレスにアラートメールを送付する事ができます。
これにより、どこにいても常にプロジェクトを監視する事が可能です。

ユーザー権限の付与

各メニュー毎にユーザー権限を設定できます。
利用ユーザーの種類に応じて見ることのできる情報を制限できるため、情報の管理が簡単です。

カスタマイズ可能

お客様のさまざまなご要望にお応え致します。(別途お見積り)
お気軽にご相談・お問い合わせください。
> お問い合わせフォーム

株式会社ザイナス